読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のお奨め

雪解けが進み、畑も土が見え始めたばかりで感じ的にはまだまだ春先なのだけど、もう4月も下旬で世間はGWをどう過ごすか決めていなきゃならん頃。いいよもう春で…









増毛町は国稀酒造自体が博物館のようなものなので、これだけでも充分楽しめるのだけど、あと少し増毛が栄えた頃の様子を知りたい場合は、駅の方へしばらく歩くとある、こちら「旧商家丸一本間家」へ。
すごい木材を惜しげもなく使っていて当時のお金持ちっぷりに圧倒される建物(笑)一番わかりやすくて驚くのは板張りの廊下。100年前の建物だというのに歩いてもたわまない、ぎしぎし言わない、がっしりと剛性感が足裏に伝わってくる。(特にメンテナンスはしていないそうだ)
たしか受付兼ガイドの方が商家の持ち主で、ごく最近までこの中で暮らしていたとか聞いたような気が…まあ、行ってのお楽しみって事で。