読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のさくら

f:id:tett_k2:20140121180819j:plain

ブラッシングをする限りではアンダーコートの密度が高いとは思えないのに、さくらは猫らしくないと思えるほど寒さにめっぽう強い。

夜中、火を消して部屋の気温が一桁台に落ち込んでも飼い主が寝ている布団の上で丸まれば充分らしい。体温が変に高いのである。たまに入ってくると布団の中は汗ばむほど暑くなり、さくらもいらついてくるのか人の腹に噛み付いたり蹴りを入れたりして出て行き、またもそもそと布団に上がってきて丸くなる。

夜中に冷たい鼻を顔に当られて起き「しょうがねーなー」といいながら布団に入れてあげるなどの、寒い土地で猫といる楽しみがなんかすこしだけ足りないのである…